不注意を無くす|情報漏洩を防げるSIEMはISO22000資格取得にも貢献

情報漏洩を防げるSIEMはISO22000資格取得にも貢献

システム

不注意を無くす

IT

IT社会の現代では情報運用に関して気を使わなければなりません。安易にデータの開示を行なうことは企業の生命線を脅かすことにも繋がり、情報セキュリティを常に考えた行動を行なう必要があります。セキュリティを高める方法は沢山あり、ソフトウェア的なセキュリティは勿論ですが、経費がかさむ物理的なセキュリティ対策を施すことも企業にとっては当たり前の事になりつつあります。SIEMは情報セキュリティ対策が複雑化する現代のセキュリティ事情を考慮して考えられた情報管理システムです。Security Information and Event Managementの略で、セキュリティに関する情報をマネジメントする機能を持っています。SIEMの魅力は様々なデバイスが持つセキュリティ情報を常に把握することが出来るという点です。例えばセキュリティ対策を施したとして、何らかの攻撃がみられたとしてもこれを人が判断して行動を行なわなければ攻撃回避を防ぐことは出来ません。人は時折判断が遅れる時があります。これが運悪くセキュリティソフトが発するアラートを見逃してしまうことに繋がってしまえば、単によそ見していた、気付かなかったでは言い逃れできない多大な損害を与えることに繋がります。こういったヒューマンエラーを防ぐために最適なのがSIEMです。SIEMは各デバイスのセキュリティ情報をリアルタイムでログし、このログを人が判断しやすいUIで提供します。ログした内容は常に設定したリスクインシデントと比較され、もしも何らかの不審な動きや攻撃がみられた時は最善策を施すことが出来る機能を用意します。人が判断しやすい手順をわかりやすく提供することはカオス情報社会の中では非常に重要で、企業がSIEMを導入するのには大きな意味があります。IT機器が多くなればなるほどセキュリティリスクが高くなるのが現状の現代では如何に効率よく情報を集めて理解し、管理するかが常に問われています。