情報漏洩を防げるSIEMはISO22000資格取得にも貢献

男の人

情報リテラシーを考える

婦人

SIEMと聞いたことがある方も多いでしょうし、既にSIEMの導入をしているという企業も多いでしょう。SIEMとはセキュリティ情報と情報変化を管理するシステム群の事を指し、情報セキュリティ対策においてはなくてはならない考え方の1つです。これまでのセキュリティ対策の考え方はセキュリティインシデントの恐れのある機器類を孤立させ、孤立させた上で別々にセキュリティを施し管理するという方法が取られてきました。しかし情報攻撃が多様化していて、攻撃とそれを対応するイタチごっこが常習化しています。必ずしも独立させることが良いわけではないことがわかりつつあります。そこで考えられたのが全てのシステムの情報を常に集め、リアルタイムにインシデント検出を行いながらそれをマネージメントするという概念です。SIEMは非常に高度なシステムで構築されており、企業など流失しては困るデータを扱う状況において効果を発揮します。

SIEMでは複数のデバイスと容易に関連付けを行なうことができるシステムを持ち合わせています。そのため新しいデバイスの追加によるシステム変更が不用で、企業におけるIT活用を邪魔しないという特長をもっています。そのため全てのデバイスの情報を把握でき、システム管理者の負担を下げることもできます。また企業間で異なるセキュリティポリシーを容易に移植することができ、面倒な操作要らずにリスクレベルの判断を行なうことができます。イベントログに関しても考えられた見やすいUIになっていて、ヒューマンエラーによる見落としをできる限り抑えます。また予め設定していたセキュリティポリシーに沿った自動制御も可能で、不慮の自体に陥る寸前でシステムの稼働を制御することができます。情報活用が日に日に増している一方で情報リテラシーが追い付いていない企業や使う人が増えてきていますが、SIEMといった統合的システムを活用することで難しいことを考えずにセキュリティレベルを確保することができます。

組織の情報を守るためには、SIEMはかかせないシステムといえるでしょう。高度なセキュリティ性能を有しているので、機密情報の保管から取扱商品に関する情報を堅牢に守りやすくなります。そのため、ISO22000関連の資格取得にも大きく貢献してくれるでしょう。なぜなら、ISO22000関連の資格は、食品関連は勿論ですが情報資産保護、組織の品質向上にまつわるものがあるからです。

不注意を無くす

IT

SIEMはセキュリティ情報を集める機能に特化しており、様々な情報を集め比較し、攻撃や不審な動きを早期発見し人に情報を提供する事ができます。単にログだけを行なうものではなく、セキュリティ対策における重要なシステムです。

いつ不審に気づくか

会社

セキュリティ対策において気付きに遅れる事が意味するものはセキュリティ対策の不備です。気づかないことを防ぐためにはSIEMなどの統合管理システムを導入するべきで、人が分かりやすい形でセキュリティ危機を伝えます。

攻撃への対応

PCを操作する人

アプリケーションには脆弱性を持ったものがたくさんあります。アプリケーションに特化したファイアウォールを利用することにより、セキュリティのレベルを上げることが可能です。